登記簿の読み方、相続登記と抵当権抹消登記、
権利証を紛失した場合などのお役立ち知識をブログにしています!

メールでのご相談・お問い合わせはこちらから

 

司法書士法人 森下法務事務所

相続人? ~娘婿(むすめむこ)の場合~ 2014/04/07

 

今日は、相続人についてお話しします。

 

 

【Q】

長女の夫○○は、結婚に際して妻の姓を名乗り、私(父)の事業を跡継ぎとして手伝ってくれています。とても親孝行で、これで私も安心して引退できます。事業に関わる財産を娘婿に相続させたいのですが、娘婿は相続人ですよね?

 

 

 

【A】

結婚に際して男性が妻の姓を名乗り、妻の実家の事業を手伝っていたとしても、妻の両親と男性の間に法律上の親子関係はありません。

 

 

 

法定相続人にしたい場合は、養子縁組が必要になります。養子縁組をしておけば、実子と同じ相続分を相続させることができます。 

 

 

 

養子縁組をしないで、娘婿に特定の財産を譲りたい場合は、遺言書が必要になります。

 

 

 

 

 

例えば、農業の場合、農業に関わる土地、建物、農機具、備品等を後継者の名義にしたいというケースも考えられますね。

 

 

相続人ではない人に、財産を譲る場合は、「相続させる」という文言ではなく、「遺贈する」となります。『長女○○○○の夫である○○○○(昭和○年○月○日生)に遺贈する』となります。

 

森下法務事務所