045-316-0555
平日9時~18時(時間外は応相談/休日相談会あり)

商業登記の電子公告を公告方法とする場合

商業登記の電子公告を公告方法とする場合についてお話します。

会社は公告方法として、定款において、

 

①官報に掲載する方法

②時事に関する日刊新聞紙に掲載する方法

③電子公告

 

を定めることができます。

 

このうち、電子公告を公告方法とする場合には、具体的なウェブページのURLを決定し、当該URLも登記申請する必要があります。また、具体的なウェブページのURLを登記しても、後日、当該URLを変える場合も良くあると思います。この場合には、変更後の新たなURLを登記しなければなりません。

 

 

 

 

それでは、既存のURLからでも、新たなURLと同じ画面にアクセスできる場合はどうでしょうか。この場合にも、会社としてURLを新たなものに変更決定した以上は、新たなURLを登記する必要があると考えます。

 

もっとも、管轄法務局によっては、上記と異なり柔軟な対応を示す可能性もありますので、個別事案については、管轄法務局にお問い合わせいただいたほうが宜しいかと思います。

お電話でのお問い合わせ・ご相談

平日9時~18時(時間外は応相談/休日相談会あり)
※お電話での相談は無料です。ご気軽にご連絡ください。
※当事務所での相談を希望のお客様は、お電話にて日時のご予約を承っております。

メールでのお問い合わせ・ご相談

24時間お受けしております。
※3営業日以内に追ってご連絡差し上げます