私達の目標は、「お客様にとってオンリー・ワン」の事務所です

森下由美

5つの特徴

  • 横浜で20年以上の豊富な実績
  • 横浜地方法務局長より表彰 (平成29年5月1日)
  • 神奈川県司法書士会会長より表彰 (平成29年5月27日)
  • 完全予約制・初回相談無料(30分)、ホームページからご予約のお客様歓迎!
  • 他士業とも連携!ワンストップで登記手続きをサポート
  • 横浜駅ブルーライン出口から徒歩5分/横浜駅西口から徒歩7分

 

私たち司法書士法人森下法務事務所は、横浜にオフィスを構えて21年。相続相談、抵当権抹消、役員変更等の商業登記をはじめとする様々な業務を取り扱っております。豊富な経験、実績、知識をもとに、お客様の悩みを全力でサポートいたします。

 

 

相談事例

 

お役立ちブログ

  • 遺言執行者とは?

    2018/08/13

    今日は、遺言書の内容を正確に実現するために重要となる遺言執行者についてお話しします。   遺言書の内容を実行させるための行為を遺言の執行といいます。遺言の執行は、相続人や遺言執行者によって行われます。 &nbs …続きを読む

  • 権利証を紛失した場合

    2018/08/02

    不動産を取得した場合、従前は権利証、現在は登記識別情報通知が発行されます。   その不動産を後日、売却したり、抵当権などの担保を設定する場合、その権利証・登記識別情報通知が必要になります。   しかし …続きを読む

  • 登記簿の読み方~その5~

    2018/07/30

    本日は登記簿の読み方、第5回となります。 今回は法人登記簿についてお話致します。   会社を作るとその会社そのものの登記簿が法務局に備え付けられます。 謄本を取得すると、その会社の商号・本店・代表者などが記載さ …続きを読む

  • 金融機関の合併・会社分割・商号変更・本店移転と(根)抵当権抹消登記

    2018/07/20

    住宅ローン等のお借入を完済した場合、不動産に設定していた(根)抵当権登記は自動的には消えず、抹消登記を申請する必要があります。   ➡過去のブログはこちらから 住宅ローン完済後は抵当権抹消登記を忘 …続きを読む

  • 亡父の預金残高がおかしい!同居の兄が使い込んだ?

    2018/07/09

    今日は、被相続人の相続財産である預金についての相談をご紹介します。   亡父の遺産分割協議を行うにあたって、父と同居していた兄から預金残高は50万円と言われました。父は質素な生活をしていたので、生前の父の収入や …続きを読む

森下法務事務所