父の死後に発覚した多額の負債。相続放棄は可能?その際の手続きは? 2017/11/23

Aさんはお父様がお亡くなりになったという事で相続の相談にいらっしゃいました。
面談をしてみると、お父様は生前、様々な事業に挑戦をし、多額の負債を抱えているようでした。

 

Aさんの希望としては、「父の財産は皆で一切相続したくない」という事でした。
相続は不動産・預貯金等の財産以外の負債等のマイナスの財産も引き継いでしまいます。
そこでプラスの財産を負債が大きく上回る場合は、相続放棄という手段があります。
Aさんとのお話し合いの末、相続人全員で相続放棄の申し立てをするという形に落ち着きました。

 

相続放棄には原則、3ヶ月という期間が定められておりますので、早い段階で相談に来られたAさんの判断はとても賢明なものでした。

森下法務事務所