相続人が未成年?相続人が外国にいる場合、把握してなかった相続人の存在など、実例から解決への経緯をご紹介。

メールでのご相談・お問い合わせはこちらから

 

司法書士法人 森下法務事務所

把握していなかった相続人の存在 2018/03/19

 ご相談内容   ご主人(Xさん)がお亡くなりになったということで、相続登記のご相談に見えたYさん。お話を聞いてみると、Xさんの相続人は、妻のYさんと、その子供であるAさんのお2人とのこと。ただし、相続登記の対 …続きを読む

相続人に小学生の子供がいる場合の遺産分割協議 2017/12/25

 ご相談内容   ご主人Xさんがご病気で急逝され、配偶者である妻Aさんと、小学生のお子様1人が相続人となりました。ご自宅の土地と建物は被相続人であるXさんの名義になっています。   Aさんの …続きを読む

相続人がみんな違う国にいる!~別々の国にいる相続人の遺産分割協議~ 2017/12/18

   ご相談内容   義理のお父様(Xさん)がお亡くなりになったので、お義母様へ、自宅マンションの名義を移したい、ということで事務所を訪れてくださったMさん。ご自身は、Xさんの相続人ではない …続きを読む

自分を介護してくれた息子のお嫁さんだけに自分の財産を全てを託したい。はたして可能? 2017/11/23

Aさんはその年、80歳になる男性でした。 80歳という区切りにあわせて遺言書を作成しようと相談にいらっしゃいました。 Aさんは定年まで仕事の鬼として働き、一財産を築いたそうです。   しかし、働き過ぎの反動か、 …続きを読む

父の死後に発覚した多額の負債。相続放棄は可能?その際の手続きは? 2017/11/23

Aさんはお父様がお亡くなりになったという事で相続の相談にいらっしゃいました。 面談をしてみると、お父様は生前、様々な事業に挑戦をし、多額の負債を抱えているようでした。   Aさんの希望としては、「父の財産は皆で …続きを読む

森下法務事務所