抵当権抹消

抵当権抹消

住宅ローンを完済した場合、担保とされている不動産の担保の登記を抹消します。
支払い終わっても登記簿には、登記を申請しない限り担保の登記は残ったままとなります。

プロに頼むというメリット

  • もちろん、ご自分で申請することも出来ますが、調査したり法務局で相談したりと時間がかかってしまいます。
    その煩雑さを回避するために銀行より発行された書類を1式、当事務所にお持ち下さい。
    速やかに申請手続きを進め、万が一の不足書類への対応もこちらで致します。

「書類どこだっけ?」「書類の期限切れちゃった!」ってことにならないよう、早めに手続きを済ませましょう!
森下法務事務所は忙しいお客様に代わって煩雑な手続きを行います。

手続きフロー

抵当権抹消は横浜の森下法務事務所

 

1.面談・お見積もり作成
ご希望にあわせた登記とそのお見積もりを算出します。

 

2.登記依頼
当事務所・お見積もりに納得頂けましたら、当事務所に登記をご依頼下さい。

 

3.調査・書類作成
当方にて登記に必要な調査や書類作成を行います。

 

4.登記書類の発行・請求書の発行
署名・捺印頂きたい書類と請求書を発行します。

 

5.登記申請
請求書のご入金が確認出来ましたら、直ちに登記申請致します。

※管轄法務局によって異なりますが、1週間から10日間程で完了致します。

6.登記完了・登記書類のご返却
登記が完了し法務局より発行された書類をご返却致します。

 

よくある質問

1.以前、銀行の住宅ローンを完済して銀行から書類を受け取ったんだけど、
まだ登記申請をしていなくて・・・。この書類は使えますか?

はい、大丈夫です。
銀行の資格証明書の差し替えが必要となる場合がございますが問題ございません。

▲ページの先頭へ