不動産売買

不動産売買

とっても大きなお買い物。 不動産という大切な権利を確実にお客様のお手元に納めるまでが重要です。

ただし、売買というものには様々な要素が絡みあってきます。

住宅ローンを利用するのか、売主の権利証は本当にあるのか、売主の抵当権は正しく抹消されるのかetc。

どの手続きも正しく真正に行われなければなりません。

どこかで足りないものがあった場合、お客様に所有権(不動産を所有している権利)が売主から移転しません。
そうならないためにも登記のプロ・司法書士に依頼することを強くお勧めします!

プロに頼むというメリット

  • 決済当日までに登記に必要な全ての書類を決済場所に集める手配を滞りなく進める事が出来ます。
  • また登記書類について詳しいご説明及び書面への対応をご説明出来ます。

不動産登記法が改正され、従前の登記済証という制度は廃止され、現在は「登記識別情報通知書」というものが発行されています。(現在お持ちの権利のある登記済証が無効になっている訳ではありません。

司法書士は自分で選べます!

土地・建物のご購入をされる際に登記費用は通常、買主側で負担します。
登記費用の中には国に納める以下3つがあります。

  1. 登録免許税
    土地の評価額・建物の構造等、それぞれのパターンによって大きく変動します。
  2. 物件調査の謄本等の実費
    謄本等の実費額は同一です。
  3. 司法書士報酬額
    この項目は自由化されており、各事務所によって異なります。

大切な資産を守る行為については、ご自分で司法書士を決めてみてはいかがでしょうか。
森下法務事務所ではお客様の立場にたって、大切な資産を正しく確実に登記致します。
どうぞ司法書士は森下法務事務所へご指定下さい!

一生に一度あるかないかの大きなお買い物。
森下法務事務所はお客様の大事な財産を守るお手伝いをさせて頂きます!

手続きフロー

不動産売買の相談は横浜の森下法務事務所

 

1.面談・お見積もり作成
ご希望にあわせた登記とそのお見積もりを算出します。

 

2.登記依頼(仲介業者へ森下法務事務所を指定した旨をお伝え下さい。)
当事務所・お見積もりに納得頂けましたら、当事務所に登記をご依頼下さい。

 

3.調査・書類作成
当方にて登記に必要な調査や書類作成を行います。

 

4.決済・登記申請
登記書類に署名・捺印頂きまして、登記費用も同時に頂きまして、その日のうちに申請します。

※管轄法務局によって異なりますが、1週間から10日間程で完了致します。

5.登記完了・登記書類のご返却
登記が完了し法務局より発行された書類をご返却致します。

よくある質問

1.権利証がなくなってしまったのだけど、もうこの不動産は売れませんか?

大丈夫です。司法書士が、『ご本人様が確かにその不動産の所有者である』という事を証明します。
その際には厳格な手続きと本人確認を行います。
費用は発生してしまいますが、売却できないということはありません。

2.決済当日、必ず出席しなくてはいけませんか?

いいえ。ご本人様が必ずしも出席しなければならない訳ではございません。
ただし、事前に郵送で書類のやりとりをさせて頂き、決済当日の代理人をたてる必要があります。
また出席しない場合でも本人確認・意思確認をさせて頂きます。

▲ページの先頭へ