ご家族の方が亡くなったら 2014/06/09

こんにちは、司法書士の早川です。

 

今回は、ご家族の方が亡くなったらされること−相続手続き全般について

お話ししたいと思います。

 

大事なご家族の方が亡くなられたら、悲しむ間もなく、

葬儀を始めとしてしなければいけないことがたくさんあります。

 

たくさんあるって、何をしたらよいのか・・・。

 

その都度、いろんな方が教えてくださるとは思いますが、

以下にまとめますので、ざっと確認するときに使ってください。

 

□ 死亡届の提出

□ 火葬許可申請書の提出

 

この部分は、葬儀社の方が手配してくださることが多いと思います。

     ▼

     ▼

□世帯主変更届の提出(亡くなってから14日以内)

□亡くなった方(被相続人)と相続人の方の戸籍一式・住民票の取得

     ▼

     ▼

□年金関係の手続き

□健康保険関係の手続き

 

葬儀が済んで、とてもお疲れの時期ではあるんですが、

早めに、住んでいる役所に行かれた方がよいと思います。

相続手続きは、書類がいろいろあって、一度では済まないこともあるからです。

手続きには、亡くなった方や相続人の方の戸籍・住民票を持っていった方が

良いでしょう。

 

行かれる方の印鑑や身分証明書もお忘れなく。

また、健康保険関係の手続きでは、葬祭費等のお金が支払われる

こともあります。

     ▼

     ▼

その後、預貯金や不動産等の相続手続きに移ります。

役所で取得した戸籍・住民票一式や相続人の印鑑証明書を

用意しておくと手続きがスムーズです。

 

並行して、税金の支払いにも注意してください。

 

主なものとしては、

 

□所得税(準確定申告・亡くなってから4ヶ月以内)

□固定資産税・都市計画税

□相続税(亡くなってから10ヶ月以内)

 

です。

 

不動産等の相続手続きについては、こちらもぜひご覧ください。

森下法務事務所