相続した土地の遺産分割 2016/07/28

こんにちは!司法書士の森下です。

 

今日は、遺産分割でよくある質問をご紹介します。

 

相続した不動産(土地)を遺産分割するにはどのようにすればいいでしょう?

 

まず、相続した不動産(土地)の価値の算定についてお話しします。

 

不動産(土地)の価格は、主に①固定資産税評価額、②路線価(土地)、 ③公示価格、
④実勢価格等いくつかの価格算定基準があります。①の固定資産税評価額は、固定
資産税の計算の基礎となる価格で、②の路線価は、相続税計算の基礎となる土地の
価格です。つまり、①と②は、租税のための資産価値の判定基準で、相続財産中に不
動産があった場合、当然にその資産価値の判定基準となる土地の価格ではありません。
③の公示価格は、国土交通省が毎年1月1日の時点で調べた地価であり、④の実勢価
格は、いわゆる「時価」と言われるもので、土地の売買価格のことです。

 

このように、一つの土地であっても、その価格は4つの基準があります(一物四価)。

 

そこで、相続した不動産(土地)の価値を算定して遺産分割をする必要がある場合、ど
の価値を基準にするかという問題が出てきます都市部の土地に関しては、その固定資
産税評価額と実勢価格では大きな開きがあります土地の価格について、様々な目的か
ら価格の算定基準が定められているので、どの価格を基準として遺産分割の話し合い
を進めるのかを決めましょう。どの価格を基準にしなければならないというルールはな
いので、最終的には相続人の合意によります。

 

一般的には、実勢価格を調べた上で(例えば、不動産会社で査定をいくつかとる、不動
産鑑定士に鑑定を依頼する。)、どの価値を基準にするか、売却して金銭で分けるべき
か等について、相続人全員で話し合いましょう。

森下法務事務所