遺言書を取り消したとみなされる場合 2014/06/18

こんにちは!司法書士の森下です。

 

今日は、遺言書を取り消したとみなされる場合についてお話しします。

 

遺言者が、遺言の内容に反する行為をすれば、

その遺言は取り消されたとみなされます。

 

例えば、ご自宅の不動産(土地・建物)を長男に相続させるという内容の

遺言書を作成した後に、老人ホームに入居する費用や入院費用を

捻出するためにご自宅を第三者に売却した場合

前に書いた遺言の内容は、取り消されたことになります。

遺言者が、遺言内容と矛盾する行為をした場合には、

遺言内容を実現したいという意思はないとみなされるからです。

 

遺言者の死後にトラブルにもなりかねませんので、

遺言の内容に反する行為をした後は、前の遺言書は破棄し、

新たな内容の遺言書を作成しておきましょう!(^_^)

 

遺言の内容は、いつでも何度でも、変更したり、取り消すことができ、

遺言書の一部だけを変更したり、取り消す事もできます。