京都・嵐山の旅(後編) 2017/09/11

森下事務所の小田切です。

 

京都・嵐山の旅の続きです。

 

下鴨神社にも行きました。
平成27年に式年遷宮をしたばかりです。

 

 

下鴨神社の入り口に糺の森があります。
緑がたくさんあって、とても心が落ち着きます。

 

ここを通って本殿の方まで行くのですが、
中には川もあって、なんだか空気が違う気がします。

 

 

そして、下鴨神社には「さざれ石」があります。

そうです、君が代に出てくるさざれ石です。

古今和歌集にも出てきます。

 

元々は、小さな石のことを指すそうですが、
ここでは小さな石が集まって大きな石になっている状態を指すようです。

 

 

 

続いては、鈴虫寺です。

 

 

ここのお寺では、1年中鈴虫が鳴いています。

私が行ったのは6月でしたが、たくさんの鈴虫が鳴いていました。

 

ここのお寺では、住職の話を聞くことができます(お茶とお菓子も出ます)。
鈴虫の話題も出ました。

長い年月をかけて1年中鳴くように研究をしたとのこと。

 

住職の話を聞くのに時間が決まっているので、訪れた人は皆さん並んで待っています。

 

最後は、東寺です。

新幹線に乗っていると、五重塔がよく見えるあそこです。

 

 

五重塔があまりにも大きかったので、写真に入りきらなかったです。

修学旅行生がたくさんいました。やはり、今も昔も修学旅行の定番スポットなんですね。

また、立体曼荼羅も迫力があります。

 

やはり、京都は何回行っても面白いところです。