京都のお寺(前編) 2017/03/27

森下事務所の小田切です。

先日、京都に行って来ました。

今まで行きたいと思いつつ、行く機会のなかったお寺にも行かれたので、ご紹介しようと思います。

 

まずは、10円玉で有名な平等院です。

こちらは修学旅行でも行ったことがありますが、
数年前に創建当初の姿に近づけるような修復をしたそうです。

 

 

修復の際、一部に創建当初の瓦が使われています。
屋根の下段中央の少し色が違う部分です。歴史を感じます。

 

 

 

続いては、浄瑠璃寺です。
堀辰雄の「浄瑠璃寺の春」でも有名です。

 

池をはさんで東に三重塔、西に本堂があり、
本堂には9体の阿弥陀仏が安置されています。

池の本堂側が彼岸、塔側が此岸を表しています。

この庭園は浄土式庭園です。

 

次は、岩船寺です。

 

 

紫陽花がきれいなお寺だそうです。

こちらも三重塔です。とても静かで落ち着く所でした。

 

蟹満寺にも行って来ました。

 

ここは、今昔物語集にお寺の由来が載っています。

名前の通り、蟹に由来するお寺です。
なので、

 

 

額も、

 

 

灯籠も、

 

 

香炉も蟹のモチーフです。表現が適切か分かりませんが、
結構おしゃれですね。

森下法務事務所