ちきゅう見学 2016/04/15

こんにちは、森下法務事務所 奥澤です。

 

国立研究開発法人海洋研究開発機構
略して「JAMSTEC」皆さん聞いた事ありますか?

 

”ちきゅう”はJAMSTECが運用している地球深部探査船(掘削船)の名称です。

水深3000メートルの海底から7000メートルの深さまで掘削できる船だそうで、
地震や津波の発生メカニズム、地下に広がる生命圏、地球環境変動などの解明を目的に、、、
と、興味のある方はネット検索してみて下さい。

 

そんな探査船ちきゅうを見学出来る貴重な機会があり見学して来ました。

 

ちきゅうごう1

 

ちきゅうごう2

 

ちきゅうごう3

 

船が大きくて全体が写りませんでした(^_^;)
船首にはペリポートがあります。

スタッフ、研究者の送迎などでヘリコプターが使われるそうです。

 

中間部には掘削の際にパイプを吊り下げる役割を果たす高~いやぐらがそびえ立ってます。

下から見ると圧巻です!!

 

ちきゅうごう4

 

ちきゅうごう5

 

ちきゅうごう6

 

 

船体中間部のやぐらが建っているドリルフロアの説明です。
船尾には海底を掘削する時に使う巨大なドリルやパイプが大量に積まれていたり
船内には研究施設もあったりと見所が沢山ありました。

 

ちきゅうごう7

 

個人的ですが、このように配管の規則正しい配列具合、曲線美にグッ!!
とくる箇所も沢山あり、たまらず連写しておりましたので1枚ご紹介(^^;)

 

とにかく想像以上に大きな船で、海の上に浮かぶ工場という感じでした。

森下法務事務所