奈良の旅(寺院編) 2016/02/19

森下事務所 小田切です。

 

前回から大分間が空いてしまいましたが、奈良の旅の続編です。

今回は寺院編です。

 

まず訪れたのは、当麻寺です。

 

当麻寺

 

このお寺は、仏像ではなく曼荼羅がご本尊です。この曼荼羅は、

奈良時代の中将姫という女性の篤い信仰心が生んだものだそうです。

また、中の院というところでは、お庭を鑑賞したり、抹茶をいただくことができます。

とても静かで落ち着くお寺でした。

 

次は、聖林寺です。このお寺は、国宝の十一面観音像が有名です。

この十一面観音様は、フェノロサが絶賛したことでも知られています。

 

実際にご対面できました。私のほかに人がいなかったのですが、

じっと対面していると何か見透かされているような気持ちになりました。

なかなかできない貴重な体験です。

 

そして、聖林寺の門からの景色がこちら。

 

聖林寺の門からの景色

 

とてものどかな風景です。山辺の道周辺では、このような景色が広がっていました。

 

続いて、安倍文殊院です。入口はこんな感じです。

 

安倍文殊院

 

 

そして、中に入るとこんな感じです。

 

中に入ると

 

行ったのは10月だったので、コスモスがたくさん咲いていましたよ。

とてもきれいでした。

このお寺は、陰陽師で有名な安倍晴明の一族である安倍氏のお寺です。

境内には古墳もありました。

 

このお寺は、国宝の渡海文殊菩薩像が有名です。文殊菩薩様が獅子に乗って、

雲海を渡って来る姿の仏像で、私見ですがちょっとかわいらしい感じです。

 

奈良といえば大仏、ということで、東大寺にも行って来ました。

 

東大寺

 

 

やはり東大寺周辺には人がたくさんいました。そして、鹿もいました。

 

東大寺周辺の鹿

 

時間の関係で、大仏殿しか行かれなかったのですが、やはり大仏様は大きかったです。

かなりの迫力で圧倒されます。

 

最後に、元興寺に行きました。

 

元興寺

 

こちらも世界遺産です。ならまちという近鉄奈良駅周辺にある、昔ながらの格子の

家が立ち並んでいる中にあります。

このお寺は、飛鳥時代は法興寺という名前だったのですが、

平城京に遷都したときに現在の奈良市内にうつされ、元興寺という名前になったそうです。

 

振り返ってみると、結構たくさんの神社仏閣を拝観できました。

ただ、まだまだ行きたい所がたくさんあるので、また近い将来行って来ようと思います。