東北三大祭り 2015/08/21

こんにちは、森下法務事務所 奥澤です。

先日、東北三大祭りの一つ「仙台七夕祭り」に行って来ました。

 

有名なお祭りなのでご存じの方も多いかと思いますが
その歴史は古く伊達政宗の活躍した時代から続くそうです。

 

と、いう事は約450年前から続いているという事になるのでしょうか!?
凄く歴史ある伝統行事なんですね。

 

大きな笹竹に和紙の吹き流しと七つ飾りをつけた七夕

 

仙台の中心地には、大きな笹竹に和紙の吹き流しと七つ飾りをつけた七夕が
大量に飾られ、すだれの用に続いてました。

 

風に揺られる吹き流しを見ていたら、若干ですが暑さが和らぎました(^-^)

 

飾りはどれも手作り

 

飾りはどれも手作だそうです、細かい!!

 

山寺(立石寺)

 

山寺(立石寺)

 

山寺(立石寺)

 

さて、こちらは仙台から少し足を伸ばして行って来た山寺(立石寺)です。
松尾芭蕉が、「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」という句を詠んだことでも有名です。

 

雑誌、ポスター、テレビなどで目にしていて一度行って見たかった場所。
暑い中、大量の汗をかきながら1000段を越える階段を登った後に見る景色は絶景でした。

 

来年は「青森ねぶた祭り」「秋田竿燈祭り」行けたらいいな~

森下法務事務所