新年のご挨拶 2013/01/09

司法書士の森下由美です。

 

あけましておめでとうございます。

 

今年の箱根駅伝もドラマがありましたね。

昨年19位、予選会からのスタートとなった日本体育大学が

往路・総合優勝を果たしました。

往路の3年生キャプテンの5区激走、復路の4年生の活躍、

監督が実行した組織改革が大成功に繋がったと思います。

 

私が興味を持ったのは、優勝候補の一角とされながら5位に終わった

早稲田大学の渡辺監督が試合後にコーチや選手の前で語ったことです。

『日体大さんの勝因は厳しさだ。早稲田の敗因は甘さである。

監督の私も甘かったけれど、コーチや選手にも甘さがあったと思う。

私が監督に就任した当時を思い出して欲しい。箱根のシードはあったけど、

全日本や出雲のシードはなかった。当時の厳しさをもう一度思い出して頑張ろう。』

こうおっしゃっておられました。

私は、『組織には厳しさが必要で、常に切磋琢磨しなければならない。』

と改めて感じました。

 

今年も切磋琢磨して『お客様第一主義』の事務所運営をして参りたいと考えておりますので、

よろしくお願いいたします。

 

 

森下法務事務所