銀杏その2 2012/12/17

こんにちは、奥澤と早川です。

 

前回に引き続き、「銀杏」をテーマにお届けします。

 

今回は、「いちょう」ではなく、「ぎんなん」です。

 

いちょうの木に付き物のぎんなんですが、

拾ってから実際に食べられるようになるまでに

いろいろと手間をかけなければならないのは、

みなさまご存知でしょうか。

 

しかし、このたび私たちはその手間をかけずして

ぎんなんをいただくことができました!

 

お客様からの冬の贈り物です。

銀杏

 

銀杏

 

お客様は、次のように手間をかけてくださいました。

 

毎朝早朝拾い集めたものを、バケツやビニールプール

に入れて水に浸け数日(7~10日間)果肉がほぐれてから

洗濯機(荒業ですね)で果肉を剥し取り、ゴミを取り除き、

水でぬめりを洗い落とし・・・・と気の遠くなるような作業をされて

白いキレイな銀杏に仕上げたそうです(>_<)

 

とてもかわいいラッピングや食べ方まで教えてくださって・・・。

 

そんな素敵な心のこもった贈り物。

 

ぎんなんが美味しかったのはもちろんですが、

お客様の心づくしがすごく嬉しかったです! 😀

ありがとうございました。

これから寒ーい冬がやってまいりますが、

温まった心で、これからもがんばっていきます。

 

それでは、また。